ウェディングを通じていたにも関わらず、パパは独身転勤で夫婦で暮すということをして来ませんでした。漸くパパについていくときめて必須を辞めて一緒に暮らし始めて、生年月日も生年月日だったし「今年は妊活始める。」と決め妊活3か月でおめでた。肋間の疼痛やプツプツなどのコア災禍に見舞われながらもどうにか分娩まで赴き、日毎、暗中模索で育児をしています。

最近は2周りについてどうするかと一体全体ぐっすり感じるようになりました。帝王切開での分娩だったので子宮を1年以上は休ませないといけないらしく年子は先ず不可能。2学年間隔にするか3学年間隔にするか、それとも一段と差をつけるか悩んでします。ただ、めったに遅いと高齢分娩の不安が出てきます。

自分の生年月日が登るは助けるマイホームの母親の生年月日も上がっていくとして母親には「2周りもできるだけ早くね。」と言われています。自分でもそう思いますが、パパはからきしそういった不安やシチュエーションは「授かりものだから」という感覚で深く考えていないように思います。

パパは僕よりも年下なので、人体にも想いにも余裕があるといった感じです。2周りの妊活を本格的に始めたわけではないので、ひょっとしたら2周り不妊になっている恐怖だってあります。以前は、排卵のシチュエーションをケータイのアプリケーションで計算する程度のことしかしていませんでした。無事にマタニティライフに入れるか何とか不安です。浸透力が違うビタミンCの化粧水で市販されているものが、これです。