肌の乾燥対策、あなたは何をしてますか?

肌の乾燥対策、あなたは何をしてますか?
肌の乾燥対策、あなたは何をしてますか? > 食事の見直し > 注意!!肌の乾燥をひどくさせてしまう食べ物とは!

注意!!肌の乾燥をひどくさせてしまう食べ物とは!


a0002_004140_m

肌が乾燥すると、肌がカサカサとして衣類などに引っかかったり、白い粉を拭いたような状態になって見た目もあまり良くありません。そればかりか、肌の乾燥によって肌のバリア機能が衰え、外部からの刺激に負けてしまい、シミやしわ、くすみなど様々な肌トラブルの原因となってしまいます。

偏った食事や、忙しいからと不規則な食事習慣がついてしまったり、過激なダイエットなどで肌の健康を保つために必要な栄養素を体内に取り込めないと、体内で肌への水分補給が上手く行なわれず、体内で乾燥肌の原因を作ってしまうことになります。

体内の栄養の偏りなどが原因で起きてしまった肌の乾燥は、いくらスキンケアなどを行なって外部から保湿を行なっても改善しない場合が多いです。食事や生活環境を健康的に保つことは、体の内側も外側もきれいにし、肌の悩みも改善してくれるのです。

肌を健康的に保つためには、肌にいいといわれる各種ビタミンや亜鉛、天然保湿成分などを積極的に摂取すればいいのですが、逆に、肌の乾燥を悪化させてしまうような食べ物もあるので注意が必要です。

肌を乾燥させないために!!控えたほうが良い食品について

肌を体内から潤わせるためにはビタミン類や亜鉛などの成分が不可欠といわれていますが、このような肌に良い食品をしっかり食べても、肌によくない食品を同時に摂取したり、肌に良い食品より肌に悪い食事のほうが割合が大きいと、肌は健康にはなれません。

インスタント食品や清涼飲料水などは、見た目を美味しそうに見せたり、日持ちを長くさせるために様々な添加物を含んでいます。これらの添加物が体に様々な症状を引き起こす事もあります。

また、インスタント食品に関しては多量のタンパク質や脂質、清涼飲料水は過剰な糖類が、肌をきれいに保つ働きを阻害する場合があります。

香辛料やアルコール、カフェイン類は刺激物と呼ばれています。この刺激物を過剰の胃摂取することで、肌に直接刺激を与える他、血行を悪くし肌のターンオーバーを悪化させてしまうことがあります。

冷たい食べ物や飲み物は、体を新から冷やしてしまい、血行を悪くする原因となります。肌を乾燥させてしまうだけでなく、慢性的な冷え性で悩むことにもなるので、冷たいものの過剰摂取はやめましょう。

また、ビタミンをより多く取るという目的で、生野菜をふんだんに食べる人もいますが、生野菜にはそれほど多くのビタミンは含まれていないほか、体を冷やす原因になることもあるので、根野菜を中心に傷めたりスープにしたりして食べるようにしたほうが効果的です。

タバコも肌が乾燥している人には禁物です。タバコの刺激物質が肌を刺激し肌トラブルを引き起こすばかりでなく、タバコはせっかく摂取したビタミンCを壊してしまいます。

肌トラブルに並んでいるならなるべくタバコは禁煙するようにしましょう。食事を変えつつといっても、今までの食生活から、場合によっては好物を控えなければならないことも多いです。

しかし、その辛さに打ち勝てば、長年の肌の悩みが改善するという強い心で頑張ってみましょう。